医療や介護の現場で働いている場合に、残業をしないためには自分の専門の仕事に集中できるように心がけることが大切です。現実的には、残業をする人の原因として他のスタッフが行うべき仕事についても担ってしまっていることが多くあります。

残業を減らそうと考えたら、思いやりの気持ちで行っている他のスタッフのサポートを諦めて、自分の専門の仕事を自分のところに集めてくるという方針を打ち立てましょう。自分の本来の仕事だけを集めることで看護師や介護士として残業をしない日々を送ることは可能です。

その方法を実践する上で重要になるのがギブアンドテイクの考え方です。他のスタッフが本来行うべき仕事についてよく把握して、自分が行うべき仕事ではないと考えたら、その人に任せてしまうのが基本となります。しかし、それだけでは仕事の押し付けになってしまうため、代わりにその人からも自分が行うべき仕事を請け負うことを進んで提案することでバランスを取るのです。こうすることによって互いの仕事の全体量はそれほど変わらず、本来の仕事を行う分だけ効率も質も高くなるというメリットがあります。

看護師や介護士のように明らかな専門職の人がそれを始めると、だんだんと職場にギブアンドテイクをする雰囲気が生まれてきて、意識をせずとも誰もが自分の専門の仕事をできるようになるのです。残業をしないために誰かが始めることで現場全体としても良い傾向が生まれるでしょう。

このように、残業を減らせない問題を抱えているのなら原因を知ることが欠かせません。ネットや周りの声を参考にして、残業を減らす手立てを探しましょう。
オススメ関連リンク:http://xn--68jub022qntsonch7xv0q.net